鍵と錠の専門家が、泥棒(侵入盗)から家や財産、命を守るために必要な防犯のノウハウをお教えします。
札幌の鍵と錠、防犯の専門店

防犯の手引き

防犯対策

 泥棒の心理、侵入経路、侵入手口と解説してきました。最後に侵入盗を防ぐ為のポイントをまとめておきたいと思います。
 また、次のページに一戸建てと、マンションの防犯チェックシートがありますので、ここまでの説明を参考にチェックしてみてください。

● 見通しをよくする

 塀や生垣を低くして、周囲からの見通しを確保する、ベランダの腰壁を格子にする、などなるべく死角になるような場所を作らないようにします。また門灯などを付けるなどして夜間の視認性を確保することも大切です。

● 足場になる物を置かない

 塀や物置、エアコンの室外機などは2階の窓やベランダへ上る為の格好の足場です。極力建物の開口部から離して設置するようにしましょう。また、はしごやブロックその他、足場に出来そうな物はすぐ使えるような場所には置いておかないようにしましょう。

● 留守を悟らせない

 長期間留守にする場合は新聞の配達を止めてもらいましょう。留守番電話などに「××日まで不在です」などのメッセージを入れるのも危険です。また日中カーテンや雨戸を閉めて外出するのは留守であることを教えているようなものです。
 在宅しているのに居留守を使うのも危険な場合があります。ドアスコープやインターホン、テレビドアホンなどを利用して相手を確認し対応するようにしたほうが良いでしょう。

● 隣近所との協力

 外出の際には隣近所に声をかける、見慣れない人物がうろうろしていたら「誰の家をお探しですか」などと尋ねるなど、町全体で防犯意識を持って協力し合うことも大切です。

● 補助錠を付ける

 玄関や勝手口のドアに補助錠をつけて ワンドアツーロック、またはスリーロックにしましょう。視覚的にも防犯意識が高いことをアピールできます。ただし全ての錠が ピッキングなどの錠開けに弱い物ではあまり意味がありません。またダミーのシリンダーもありますが、泥棒にはすぐ見破られてしまうと思っていたほうが無難です。
 窓に使われているクレセント錠 などの鍵は、内側からは簡単に開いてしまう為、ガラスを割ってしまえば錠としての効力はありません。それ以外に補助錠を付けることをお勧めします。窓用の補助錠には鍵の無い物もありますが、その部分のガラスを割ってしまえば同じことですので、鍵やダイヤル番号で施開錠するタイプの物を選びましょう。

● 防犯機器を設置する

 防犯カメラ、防犯ブザー、センサーライトなどの防犯機器を要所に設置しましょう。視覚的な効果も期待できますし、作動すれば威嚇効果もあり、被害にあわずに未遂ですむ可能性も高くなります。「防犯機器設置」などのステッカーを目に付く場所に貼っておくこともある程度の効果を期待できます。侵入者を感知して携帯電話などに自動的に通報するタイプの自主警備機器の設置や、警備員が駆けつける警備会社のサービスを検討してみてもよいでしょう。

● ガラス破りを防ぐ

 ガラスを防犯ガラスに替える、またはガラスに防犯フィルムを貼るなどして割りにくくしましょう。またトイレや浴室の小窓や腰高窓など換気のために開けておくことが多い窓には 面格子を付けるとよいでしょう。ただし面格子は丈夫な物を選ばなければ簡単に壊されてしまいますし、取り付け方法もはずしにくいように付けなければなりません。ドライバーで外せてしまうようでは防犯効果は期待できません。

● 錠開けを防ぐ

 ピッキング にはディンプルキーシリンダーなどの 耐ピッキングシリンダーにすることが効果的です。またリモコン錠などシリンダーの無い錠前や、暗証番号錠、カードキーなどもピッキング対策には良いでしょう。
 カム送り解錠の対策は、ドアとシリンダーカラーの間にスペーサーをいれて隙間をふさぐ、錠ケースに対策用の部品をつけるなどの方法があります。
 サムターン回しには、対策用のサムターンに交換するのが効果的です。内側にもシリンダーをつけて鍵で施開錠するようにする方法もありますが、火災などの非常時にとっさに開けられず避難が遅れる危険がありますのであまりお勧めできません。サムターンカバーも効果的ですが、材質や取り付け方によっては壊されたり(樹脂製の物はバーナーなどで熔かされることもあります)外されたりする可能性もありますので注意が必要です。

● 錠(ドア)破りを防ぐ

 バールでのこじ開けにはガードプレートを付けることで対応できます。
 円筒錠インテグラル錠は本来、玄関や勝手口などのドアには適していません。補助錠を付けるなどの対策が必要になります。丁番も防犯用の物があります。
 ガードプレートを付け、補助錠をつけ、丁番を防犯用の物に替えても、ドア自体やドアの枠の強度が充分なものでなければ意味がありません。ひどい物になるとドライバーなどで突いただけで貫通穴が開いてしまうような華奢な物も出回っています。場合によってはドア自体の交換も必要になります。
 玄関ドアだけでなく勝手口にも同様の対策をしなければいけません。

● 合鍵を使っての侵入を防ぐ

 植木鉢の下やメーターボックスの中、郵便受けの中などに鍵を隠しておくのはやめましょう。ここなら見つからないだろうという考えは捨てたほうが無難です。
 鍵を紛失したとき、中古の住宅を購入したとき、賃貸住宅に入居するときは必ず鍵を替えましょう。また、鍵は必ず身につけて携帯し、むやみに他人に渡したり見せたりしないことです。

● 施錠する

 あたりまえのことですが、たとえわずかな時間でも 外出の際は全ての窓とドアを施錠しましょう。マンションの高層階だからとか2階の窓だから大丈夫という考えは捨てましょう。
 在宅しているからといって安心してはいけません。居間でテレビを見ていて2階の寝室に入られた、就寝中に被害にあったなどの事例もあります(居空き・忍び込み)。在宅中でも、出入口や窓は施錠したり防犯装置を作動させておくなどしておく必要があります。


前ページ 防犯の手引き 目次 次ページ
個人のお客様向けMENU サービス案内 取扱商品 コンテンツ カギ屋店長のブログ

【月々0円ホームセキュリティ】

指紋認証錠・ICカード錠・防犯用品の通信販売 セキュリティショップ カギ屋

Copyright (C) US Security. KaGiYa. All Rights Reserved.