鍵と錠の専門家が、泥棒(侵入盗)から家や財産、命を守るために必要な防犯のノウハウをお教えします。
札幌の鍵と錠、防犯の専門店

防犯の手引き

泥棒(侵入盗)の心理

● 泥棒は下見をする

 泥棒は手当たり次第に全ての家に侵入を試みるのではありません。 半数以上の泥棒が「下見をする」といいます。成功する可能性の高い家を見つけて侵入しているのです。
 下見をするときの見のつけどころは、まず町の様子です。人通りや人の目が少ないか、入りやすく逃げやすい町並みか、留守の家(共働きの家など)が多いか、お金のありそうな家が多いかなどです。
 次にターゲットの家を選びます。このときに気にすることは、留守かどうか、入りやすく逃げやすい家か、通りや隣近所からの見通しはどうか、窓の クレセント錠 の位置(形)で戸締りの状態を判断するなどです。
 中には一週間以上も掛けて下見をし、家族の生活のパターンを把握してから侵入するという泥棒もいます。いずれにしても、泥棒は慎重にリスクの少ない家を見つけ狙いをつけるわけですから、この下見の段階で「この家は成功の可能性が低い」と判断させることが防犯の重要なポイントなのです。


● 泥棒はどうやって留守を見抜くか

 居空き(家に住人が居るにもかかわらず侵入する)や 忍び込み(夜寝ている間に侵入する)も増えていますが、泥棒が狙うのはやはり留守の家がほとんどです。では泥棒はどうやって留守を見抜いているのでしょうか。
 インターホンで呼んでみたりしばらく見張っていたり、現場で確認することが多いようです。留守なのに留守でないように見せ掛けるのは難しいでしょうが、あからさまに留守と分かるようにしないことです。長期間出かけるときは新聞の配達を一時的に止めてもらうなどして新聞をためないようにしましょう。また、留守番電話に「○○日まで旅行で留守にします」等の長期間留守にしていることが分かるメッセージを入れることは避けましょう。

泥棒は留守をどうやって見抜くか
 インターホンで呼んでみる 46%
 人の動きがないかしばらく見張る 20%
 電話番号を調べかけてみる 6%
 窓ガラスになどに石を投げてみる 6%
 昼間カーテンや雨戸がしまっている 6%
 郵便受けに新聞等がたまっている 6%
 その他 11%

● 泥棒が侵入をあきらめるとき

 泥棒が侵入をあきらめる理由はなんでしょうか。最も気にしているのが人の目です。近所の人に声を掛けられたり、じろじろ見られたりすると63%の泥棒が侵入をあきらめています。隣近所・町全体に連帯意識があることが大切です。見知らぬ人に声を掛けたりするような町であれば、侵入はおろか下見も難しいので被害にあいにくいと言えます。逆に隣近所の付き合いもほとんど無く、顔すらもよく分からないような町であれば、それこそ泥棒の良いターゲットになってしまうでしょう。
 たとえ人の目が多い町だとしても、泥棒はその中から侵入しやすい家を見つけ出してしまうこともあります。人通りの少ない時間帯を調べて狙ったり、死角の多い家を見つけて侵入したりします。では、人の目以外に侵入をあきらめるのはどんなときでしょうか。ドアや窓に補助錠がついていた、犬を飼っていた、防犯装置がついていた、窓に丈夫な面格子 がついていた、防犯カメラがついていた、など侵入の際に障害になりそうなものがあった場合にあきらめることが多いといえます。このことは防犯対策をする上で大変重要な点です。
 また、泥棒は音や光を嫌います。大きな音がすれば隣近所の人や通行人に気付かれるかもしれません。明るければ遠くからでも怪しいと気付かれたり、顔を見られるかもしれないと警戒します。防犯ブザーやセンサーライトが効果的なのはこれが理由です。

泥棒が侵入を諦める理由
 近所の人に声をかけられた ジロジロ見られた 63%
 ドアや窓に補助錠がついていた 34%
 犬を飼っていた 31%
 防犯装置がついていた 31%

● 泥棒が侵入をあきらめるまでの時間

 泥棒が実際に侵入を試みたとき、侵入までにどのくらい時間が掛かるとあきらめるのでしょうか。約70%が5分以内で、91%が10分以内であきらめています。つまりどこから侵入しようとしても10分以上時間が掛かるような対策をすればほとんどの泥棒を防ぐことが出来るということです。ただし、深夜長時間まったく人の出入が無いオフィスビルなど、どんなに時間を掛けても安全と分かってしまうような場合は別の対策を講じる必要があります。
 多くの泥棒が侵入を10分であきらめると言いました。逆の見方をすれば、多くの泥棒が10分程度で「仕事」を終えているということです。調査によると「物色に30分以上かける」と答えた泥棒は皆無でした。つまりほんのわずかな時間留守にしただけでも狙われてしまう可能性はあるのです。少しの間だから大丈夫だろうと鍵を掛けずに出かけるなどはもってのほかです。

泥棒が侵入を諦めるまでの時間
 2分 17% 合計91%
 2分〜5分 51%
 5分〜10分 23%
 10分以上 6%
 諦めない 3%

前ページ 防犯の手引き 目次 次ページ
個人のお客様向けMENU サービス案内 取扱商品 コンテンツ カギ屋店長のブログ

【月々0円ホームセキュリティ】

指紋認証錠・ICカード錠・防犯用品の通信販売 セキュリティショップ カギ屋

Copyright (C) US Security. KaGiYa. All Rights Reserved.