今話題の解錠手口、バンピングについてと、バンピングの対策について解説します。
札幌の鍵と錠、防犯の専門店

防犯の手引き

バンピング対策

● バンピングとは

バンプキー  「バンピング」とは、「バンプキー」と呼ばれる鍵山が特殊な配列をした鍵を使い、正規の鍵を使わずに解錠する方法のことです。バンピング解錠の対象となるのはピンシリンダーで、ディスクシリンダーやロータリーディスクシリンダーはバンピングで解錠することはできません。
 ピッキングと違い、熟練した技術や特殊工具は必要なく、バンプキーの精度さえ良ければ、ちょっとしたコツさえつかんでしまえば誰でも数秒から数十秒で解錠できてしまいます。
 原理的にはピンシリンダーであれば、バンピングに対する特殊な対策がされていない限り解錠可能で、ピッキングが困難なディンプルキーシリンダーも基本的な構造がピンシリンダーであれば解錠できてしまいます。ピッキングに対しては有効な、「スプールピン」や「マッシュルームピン」などの特殊ピンを使用しているシリンダーでもバンピングに対しては効果はあまりありません。

 バンピングという解錠方法自体は70年以上前から錠前技術者の間では知られていた手法ですが、近年オランダのテレビ局が報道番組で取り上げて以来、インターネット上の動画サイトなどで広く知れ渡るようになりました。
 日本でも最近はテレビ番組で取り上げられるほどになりました。

 バンピングは解錠した痕跡も残りにくく、ピッキングよりも簡単にしかも短時間で解錠可能なため、犯罪に用いられる可能性が高く、ピッキング以上の社会問題になるであろうことは確実視されています。

 バンピングが如何に容易な手法かは、動画サイト(YouTube)でカギの知識のない6才の男の子が、バンプキーを使ってピンシリンダーを2、3秒で開けている映像をみれば分かります。
 また海外ではバンプキー(1本3$程度)や専用のハンマー等もインターネット通販されており、既に誰でも簡単に入手可能な状況にあります。日本で多く使用されているピンシリンダー用のバンプキーは今のところ販売されてはいないようですが、海外と同じ状況になる可能性は否定できません。

● バンピングの原理

 バンピングの原理は「ピックガン」という解錠工具と同じく、下ピンに衝撃をあたえ、上ピンのみを弾き飛ばし、一瞬シアラインをフリーにして内筒を回転させるというものです。
 ピックガンを使って解錠するには、ディンプルキーの様にピンの本数が多く、また多方向にピンが配列されているものや、キーウェイが複雑なものの場合、全ての下ピンに同時に衝撃を与えることが困難なため大変な熟練を必要としました。
 しかし、バンピングは対象となるシリンダーの正確なバンプキーさえあれば、後はバンプキーをシリンダーにさし込み適当なもので叩くことで、全ての下ピンに同時に衝撃を与えることができるため、ディンプルキーシリンダーでもごく短時間で、慣れてしまえば一撃で解錠することが可能です。

● バンピング対策

 バンピングに対する最も有効な対策はシリンダーの無い錠前を取り付けることです。鍵穴がなければバンピングもピッキングも不可能です。
 ICキーで解錠する錠前、指紋認証錠や暗証番号錠などがそうです。
 ただし、緊急解錠のためにキーシリンダーが付いていてそれがピンシリンダーであればバンピング対策にはなりません。

ロイヤルガーディアン  ピンシリンダーでもバンピング対策されているものがあります。
 現行のロイヤルガーディアンは、バンピングするとほぼ100%デッドロック状態になります。解錠できないだけでなく、バンプキーをシリンダーから抜くことも出来なくなります。
 ただし、旧タイプのものはデッドロックがかからない可能性がありますので、現行品との交換をお勧めいたします。
 弊社の現在の在庫に関しては全てバンピング対策されています。

  「カギ屋」お勧めのバンピング対策シリンダー
         >>ロイヤルガーディアンの詳細


前ページ 防犯の手引き 目次
個人のお客様向けMENU サービス案内 取扱商品 コンテンツ カギ屋店長のブログ

【月々0円ホームセキュリティ】

指紋認証錠・ICカード錠・防犯用品の通信販売 セキュリティショップ カギ屋

Copyright (C) US Security. KaGiYa. All Rights Reserved.